5.jpg

The Charlestones

マティア(vo/gt)ジャン(guitar)マテオ(bass)フェデリコ(drums)からなる、イタリアはトルメッツォ出身の4人組。デビュー・アルバム『Out From The Blue』を気鋭のインディペンデントレーベル、Moscowよりリリース。待望のHeineken Jammin Festivalのメインステージ出演を果たしたばかり。

The StrokesやThe Libertinesに代表される、いわゆる”ロックンロールリバイバル”を通過し、テン年代世代が鳴らす最新ロックンロールはUKではなく、なんとイタリアからやってきた。The Charlestonesは、先のリバイバルで先人たちがロックに取り戻したシンプルで率直なサウンドに、イタリアらしいキラキラの陽気さと屈託のないポップさを絶妙にブレンドし、ロックンロールがただ回帰や懐古の類に留まらないことを証明してみせた。 The Verve、Blur、Suede・・おそらくブリットポップ全盛に育ったであろうヴォーカル、マティアの歌唱法、そしてそのセンスの源はThe Viewのストレートなサウンド、The Fratellisのキャッチーさ、さらにはTeenage Fanclubからの影響まで見え隠れするなど幅広い。

やはりどうやってもヒネくれた感じがなく、人柄としてのポップさが滲み出ているように感じるのは、太陽と情熱の国イタリアだからこそなせる技。ロックンロールとポップの蜜月が、今再び熱く燃え上がる。

 

Cover_Ok 

Off The Beat

2013/4/24 ¥1980(Tax in) XQER-1045

01.Off The Beat
02.Love Is A Cadillac
03.Energy
04.The Girl Who Came To Stay
05.She Was A Firework
06.Eager Beaver
07.Eager Beaver (Reprise)
08.Let It All Hang Out
09.The Clue
10.Standing In The Prime Of Life

outfromtheblue 

Out From The Blue

2012/8/8 ¥1980(Tax in) XQER-1045

01. Yesterday Remorse
02. Thinking At The Bar
03. Leaving Back The Sun
04. Westfora Carillon
05. Ascent Of Smiths
06. Good Times
07. Upon The Sand
08. Ermian
09. Stop 34
10. Made In Paris
11. Out From The Blue

For Fans Of: The Beatles, The Strokes, The Verve, Blur, Suede, Oasis, The Libertines, babyshambles,