Together We Are Not Alone

3月11日に発生した東日本大震災の被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げるとともに お亡くなりになられた方のご冥福を謹んでお祈り申し上げます。

多くの人があの日、あのときを境に今まで感じたことの無い不安を毎日抱いていると思います。
ツイッターなどソーシャルネットワークサービスには情報が溢れ、また知らぬ間に誤情報の発信者になっていたり。怒りが表面化してしまったり。千葉の自宅は屋根が崩れ、新代田の事務所はCD棚が崩れて多くの商品が壊れてしまいました。
正直、被災者のために出来ることを、復興のためにできる何かを、前を向いて頑張るための何かを・・・・そう考える前に自分の不安を抑え、家族やスタッフ、友人などを心配し、情報を得ることに必死でした。まずは自分の本当の気持ちを明らかにすることで精一杯でした。
当然、ベネフィット・コンピレーションへの参加要請などいくつか話をいただきましたが、正直そこにすら向かえる気がしなかったのです。近しい人を亡くされたり家を失ったりしている皆様を前に恥ずかしい話でしたが。

ただレコード会社として僕らがやってきたのは沢山のアーティストとファンを音楽で繋げてきた事。日本のことを心配する海外のバンドたちのメールを見て「やはり僕らこそ彼らの気持ちを繋げることのできる一番大きな存在である」という思いがだんだん大きくなっていました。所属のバンド達はツアーで日常から東北地方をまわり、オーストラリアのThe Wellingtonsは福島でも来日公演を行いました。皆、そのときに出会ったファン一人一人の顔が浮かんでいたんですね。僕らが動かなきゃ!とコンピレーションについてアイデアを出したとき、すでに多くのバンドが日本のために曲を作り、録音し始めていたのです。そこであらためて「現時点で無事である僕らが止まっては意味がない」と行動を決意したのです。

もともとは「We Are Not Alone (僕らは一人じゃない)」というタイトルにしようと思っていました。
人なんて死ぬときは一人だし、本質的にはどうやっても孤独だとは思います。でも人であるがゆえにみんな何かしら繋がることが出来るのではないか?家族・友人だけでなく知識でも、言葉でも、感情でも、そして音楽でも。事実、こうやって身近な恐怖に晒されたとき災害経験者の声や話に大いに助けられています。 恥ずかしい話ですが神戸大震災やニュージーランドの地震も頭では口では心配しているようでやっぱり対岸の火事のような気分でした。でも本当にこちらが助けを求めたらちゃんと日本人の中に、いや世界中の人に刻まれていた経験が返ってきた。不安だったけれど何だか一人ではない・・。そして今回でわかったように天災は決して知らない誰かにだけ起こることじゃないし、そっちの意味でも僕らは一人じゃない。それを実感したとき、ひねりの無い、直球すぎる、そして普段だったら「なんか嘘くせぇ言葉だな」と嫌悪しそうなこの言葉に物凄く価値を感じたのです。それがこのタイトルを付けた理由です。
人の<体験>というものは決して一人だけのものじゃないんだと。この被災のために発信したものが衣・食・住に関係の無い音楽だったとしても何かが世界を繋いで、戻ってくる気がして。僕らが聴いても、日本人じゃない誰かが聴いても、全く違う気持ちの誰かが聴いても。

タイトルについて The PosiesのJonに相談したら「Togetherを付けたらどうかな」と言ってくれた時、「これにTogether(協力すること)が加わったら本当に僕らは一人じゃないような想いを得る」そう、確信しタイトルを正式に『Together We Are Not Alone』に決めました。

販売は4月27日BANDCAMP、そしてiTunesTHISTIME ONLINESTOREを通じて行います。その収益の全てを、日本赤十字社を通じて、東日本大震災の被災者への義援金として寄付いたします。現在はすべてデジタルでのダウンロード販売ではありますが、形あるメッセージとしてCDでのリリースも進行中です。

ジャケット・イラストレーション・アートワークは名古屋在住のアーティストSTOMACHACHE. ”みやざきともえ”さんに、マスタリングにはStudio Sound CrewHAMON STUDIO、そしてiTunes配信をいつもお世話になっているバウンディ株式会社にお願いしました。レコーディングについてVelvet Room Studioさんからはありがたい提案もいただくなど、皆快くこのコンピレーションの趣旨に賛同していただき、短期間での制作・進行に尽力してくださいました。本当にありがとうございました。

最後になりますが、被災された皆様が一日も早く普段の生活に戻れますよう心よりお祈り申し上げます。

THISTIME RECORDS 藤澤慎介

Most of us have been living our lives feeling so vulnerable since theearthquake on March 11th.
Soon after the earthquake, information overloaded online. False rumors scattered all over the place. We also happened to be the starter of them without even knowing. Some would get frustrated and angry without any specific reasons. The roof of my house collapsed and so did the rack at the office breaking many of our products.

Although, I tried hard to keep my chin up and think about what I could do to help the victims in devastated towns up north, all I could do was to take care of my loved ones and gather as much valid information as I could. I could do nothing but to face my true feelings back then.

Like after any other disaster, we got several offers for participating in benefit albums but I wasn't confident in doing anything like that.Even knowing the fact that I didn't lose anyone or place to live, I was completely lost and didn't even know where to start.

I pulled myself together and looked back what we have achieved since the day we started Thistime Records; our joy is to connect artists and fans. Receiving e-mail messages concerning us from bands all over the world made me realized that we indeed had the power to connect them and make something happen. Many of Japanese bands on our label have played in Fukushima. So has The Wellingtons from Australia. They all pictured unforgettable happy faces of their fans right away.I made up my mind.As soon as I pitched in a compilation album idea, they were all in and got started on writing/recording songs right away. My mind was clear at that point; we need to re-strengthen and keep moving forward, because we
can!

I originally had "We Are Not Alone" as a title for the album as we all die alone anyway but I thought to myself, "as a human being, shouldn't everyone be connected?―not only with friends and family but with knowledge, feelings, and music; nobody should be left alone" In fact, sharing pain with people who have gone through disasters helped us a lot.I had to admit that devastating earthquakes in Kobe or New Zealand in the past felt like somebody else's problem, even though I WAS worried. But our friends in Japan and all over the world were willing to give us a helping hand. I was so insecure for a while but I am not alone, we are not alone anymore. I came to a realization that disaster could hit anyone, anywhere, and anytime mercilessly. We are not alone in that sense, too. That's why the title, "We Are Not Alone", which would've sounded too straight-forward and even cheesy if not under this kind of occasion, never felt so right. We all share experiences with others. Even though music is not necessarily an essential element in our lives, it connects people and something good will come out of it; doesn't matter who listens to it.


I asked Jon from The Posies if "We Are Not Alone" felt right; he said, "how about adding 'Together' to it?" That definitely strengthened the true meaning of the album and it became "Together We Are Not Alone"

The album was released on April 27th through BANDCAMP, iTunes(USA,UK and others Coming Soon), and THISTIME ONLINE STORE. 100% of proceeds will go to Japanese Red Cross Society to benefit earthquake and tsunami victims in northern Japan. It's only available online at the moment but we are planning on releasing a physical CD.


STOMACHACHE. (Tomoe Miyazaki) from Nagoya created an awesome illustration for the cover, recording was done at Velvet Room Studio,mastering by Studio Sound Crew and HAMON STUDIO, and BOUNDEE took care of iTunes distribution. I can't thank everybody who's involved enough for their support and working as fast as they could.

We sincerely hope the affected areas will recover as quickly as possible.

Sinsuke Fujisawa / THISTIME RECORDS


"TOGETHER WE ARE NOT ALONE "
will be available on
iTunes and Bandcamp, THISTIME ONLINESTORE
RELEASE DATE:4月27日
LABEL:THISTIME RECORDS




TRACKLIST :
01. Bleu(U.S) / Sakura (Cherry Blossom Bloom) このコンピレーションのために録音された新曲 (NEW SONG written for Japan)
02. The Sonic Executive Sessions / Their Hearts Were Full Of Spring このコンピレーションのために録音された新曲 (NEW SONG written for Japan)
03. kenneth Ishak & The Freedom Machines / You Lived In A World Of Your Own (Solo Version) このコンピレーション用に録り直したもの (NEW SOLO VERSION)
04. The Car Is On Fire / 30 このコンピレーションのために録音された新曲 (NEW SONG written for Japan)
05. The Golden Bubbles / Little Sister 日本への留学経験もある彼らが、このコンピレーションのために録音した新曲 (NEW SONG written for Japan)
06. The Wellingtons / Hey Now Girl 次回作『In Transit』のアウトテイク (OUTTAKE of the forthcoming album)
07. Sonic Surf City / Surf Little Girl アルバム『Pororoca』に収録された「Down On The Beach(Surf Little Girl)」altミックス。タイトルも変更 (ALT VERSION)
08. The Genuine Fakes / I Wanna Be A Stranger US盤『The Striped Album』のボーナストラック(From Bonus Disc of The Striped Album in the U.S.ver)
09. ONEPERCENTRES / Wish (Ba Kaori Mix) 新メンバーかおり(Bass)のコーラスを追加したニューミックス (NEW MIX featuring NEW BASSIST)
10. The Fieros / Outta My Head このコンピレーションのために公開された未発表曲 (UNRELEASED SONG)
11. Pris / Heavy Hitter このコンピレーションのために録音された新曲 (UNRELEASED SONG)
12. Valley Lodge / Waiting In The Rain 次回作収録予定の新曲をドラムレスアレンジで。 (NEW SONG from forthcoming album))
13. Koyo Fukamizu / Some More Love totos深水、ソロ名義による録り下ろし新曲 featuring Velvet Room Studio (NEW SONG written for Japan)
14. SketchBlank / Spring Comes totos田村のニューバンド初録音曲。レコーディング、ミックスby David Naughton (TFC,Bell And Sebastian etc..) (FIRST SONG appearance)
15. The Unemployed Misfortune / I Married Someone このコンピレーションのために録音された新曲 (NEW SONG written for Japan)
16. Clueless / Disappear このコンピレーションのために録音された新曲 (NEW SONG written for Japan)
17. Johan Bergqvist / Cul-de-sac The Genuine Fakesのメンバー、Johan Bergqvistのソロ次回作に収録予定の新曲 (NEW SONG written for Japan)
18. Anderson / Blueprints このコンピレーションのために録音された新曲 (NEW SONG written for Japan)
19. JAMINLEO / The Dream feat O.D.A 会場限定アルバム『L Department』から (Unreleased)
20. Paraele Stripes / L.O.V.E (Acoustic) アルバム『feyz』の特典用に作られたアコースティックver(Acoustic Ver)
21. Mr Fogg / Quicksand (Acoustic) アルバム『Moving Parts』収録曲をこのコンピレーション用にアレンジしたアコースティックver (Acoustic Ver)
22. Blue Foundation / Broken Life Ghost SocietyのTobiasによるBlue Foundationこのコンピレーションのために録音された新曲 (NEW SONG written for Japan)
23. Ghost Society / Silence このコンピレーションのために録音された新曲 (NEW SONG written for Japan)
24. カイリ・ユンク・アストロ / 心のなかに totos u-co、ex-JONNYの野々垣、公園音楽研究会ヤマモトケンタによる音源 (FIRST SONG appearance)
25. Stars And Sons / Rest For Me このコンピレーションのために録音された新曲 (NEW SONG written for Japan)
26. The Click Five / Love Time Space アルバム『TCV』US/ヨーロッパ盤のボーナストラック曲。 (Unreleasd Song)
27. The Posies / Tomorrow We Are Not Alone このコンピレーションのために録音された新曲。このコンピレーションのタイトルはJonによるもの (NEW SONG written for Japan)


Bonus track. Justin Kline / Happiness, Come Back To Me ボーナストラックとして公開(11.06.22) LINK

ジョン・オウア (The Posies) からのメッセージ

The Posiesはこの『Together We Are Not Alone』コンピレーションの一員になれたことを本当に誇りに思います。
僕らは日本のにいる みんなの幸せをただただ祈っています。
The Posies are so honored to be a part of the "Together We Are Not Alone" compilation.
We wish nothing but the best for our Japanese brothers and sisters.

Bleuからのメッセージ
この曲を日本の皆様に捧げます。あなた達の強さと精神力はこの大災害をも乗り越えるものと信じています。そして、さらに別次元の強さを手に入れるはずです。長年にわたって僕の音楽を支持してくれている日本の皆様、特にこの曲についてのアイデアを授けてくれたKiku Fukuzumiに感謝したいと思います。
I dedicate this song to the Japanese people. I know that their strength and willpower will see them through this terrible disaster and they will end up even stronger on the other side. I want to thank everyone in Japan who's supported my music over the years, especially Kiku Fukuzumi, who gave me the idea to write this song about Sakura.

ケネス(kenneth Ishak & The Freedom Machines)からのメッセージ
地震と津波のニュースを聞いたとき、私はショックに打ちのめされました。僕らの友人達がみな無事か、そう頭をよぎりました。去年の夏、ツアーで3回目となる日本を訪れていました。ライブをした全ての場所で友人が出来て- 日本はいつも僕を帰りたくなくしてしまう国でした。ずっとここに居たいって。何年にも渡って本当の友人を作ってきて、良いファンとの出会いがあって。常に僕のミュージシャンとして最高の想い出はこの国でのものでした。この災害がどんなに悲劇的なものかだなんて想像も出来ないけれど、渦中のみなさんの精神にはこちらが奮い立たせられます。あなたの友人であること、そしてこのコンピレーションに参加できたことを誇りに思います。
I was devastated when I heard the news of the earthquake and tsunami. My first thoughts were to find out if my dear friends there were ok, they were. I was just in japan playing shows last summer, my third time there. Of all the places I have toured and made friends- japan has always been the country where I really don't want to leave, I always want to stay. I have made true friends there over the years that I think about a lot, and fans that have been so generous and nice. My best memories as a musician in a band or solo are all in Japan. I can not begin to understand what it is like to experience a catastrophe like this, but what I have seen and been inspired by is the spirit of the people in the midst of all this. I am proud to be your friend and be on this compilation.

The Golden Bubblesからのメッセージ
くじけずにがんばろう!日本の友達へ。

ケイト(The Wellingtons)からのメッセージ
The Wellingtonsは日本とは切っても切り離せない関係です。7年間のうち、私達のジャパンツアーはいつも楽しくて、最高なものでした。地元、そして海外にいたるまで多くの日本人の友達が出来ました。本当にこの突然の悲報-地震被害に津波が街を破壊してしまったことに心を痛めています。私達がライブした郡山まで。いま再生のため、家を失った人のために本当に多くの財政的援助が必要になっています。みなさんのサポートに感謝します。

Sonic Surf Cityからのメッセージ
日本に住む友人、そしてその友人の友人、、、ずっと僕らの祈りが届きますように。暗いときがあってもかならずまた明るい日々が訪れることを覚えていてください。素晴らしいものを一緒に作っていこう、大切なみなさんと共に。
Our thoughts are with all our Japanese friends, and friends of friends, always and especially during these times! But when it is as darkest, it may give hope to remember that it will become brighter again, and together we can make the best of things happen. We care for you

Burke Thomas (Pris) からのメッセージ
多くの痛みそして損失に心からお悔やみ申し上げます。このようなひどい状況下であなた方がどれほど強い人たちであるかがよくわかりました。
あなたがたの美しい日本が一日も早く回復することを願っています。
I am sorry for so much pain and loss. I have seen from afar what how strong your people are under pressure.
I wish beautiful Japan a speedy recovery.

Brian Broscoe (The Unemployed Misfortune) からのメッセージ
被災者の皆様にお悔やみ申し上げます。神の祝福がありますように
My thoughts and prayers go out to all that have been affected by this tragedy. God bless!

The Click Five からのメッセージ

痛ましい災害の被害に遭われた日本の皆さんに心からお悔やみ申し上げます。日本はステキな国で、いつも行くのを楽しみにしていました。鎌倉でのハイキングをしたり、東京や大阪で夜景を楽しんだりして、僕たちは日本や日本の皆さんは美しい心で満たされていると感じました。日本のファンの皆さんはすごく温かくて礼儀正しい。そんな皆さんの前でプレイするのは僕たちにとってとても楽しみなものでした。日本の皆さんの強さと精神で、一日も早い復興がなされることをお祈り申し上げます。
Our hearts go out to Japan in this tragic time of grieving. Japan is a lovely country and has always been a favorite of ours to visit. From hiking the trails of Kamakura to spending light-filled nights out in Tokyo and Osaka, we've found the people and places in Japan to be filled with a beautiful spirit. Playing concerts in Japan has also been a highlight for us, as the audiences are some of the most warm and respectful people we've played for. We hope and believe that during this time, the Japanese people's strength and spirit will prevail and they will rebuild and recover from their loss.

Clueless からのメッセージ
物心ついてから、僕はいつも日本のカルチャーに惹かれていました。僕が小さな頃、数学者だった父が学会で日本を訪れたとき、日本語で彼の名前が書かれたすばらしいポスターを持って帰ってきました。ポスターには日本語で彼の名前が書かれていて、すごくクールだと思いました。彼がロックスターか何かみたいに感じられたんです。数年後、思春期にランシドやグリーンディみたいなバンドを聞くようになった時、彼らロックスターが日本にツアーに行っていることを知りました。ものすごい人ごみの映像、アメリカとは違うインタビュー、スペシャルバージョンのレコード(実際にいくつも輸入しました!)…、僕にとって日本は前のめりなミュージシャンでいるための特別な場所だったんです。だから今の自分が信じられなくて…日本で2枚もアルバムをリリースすることができたなんて。震災のニュースを聞いたときはUKツアー中だったので、スターバックスやバーに行ってテレビニュースを見ていました。めちゃくちゃだと思いました。厳しく聞こえるかもしれないけれど、家や友人、家族など、すべてをなくした人の数が多すぎて信じられませんでした。ほかにも何かできればと心から思っていますが、僕たちが曲を贈ることで、皆さんが喜んでくれると嬉しいです。困難な状況が続きますが、少しずつでも快方に向かうよう祈っています。オランダからWillem, Sjouke, Daniel & Tim.
Ever since I can remember, I was always drawn towards the Japanese culture. I remember as a little boy, my dad went over there for a conference (He’s a mathematician) and he brought home these amazing Japanese posters that had all these Japanese symbols on them, save for his name. That was so cool to me, it felt like he was somekind of rockstar. Years later, hitting puberty and discovering bands such as Rancid and Green Day, I found out that Japan IS the place to tour for rockstars. All the videos of insane crowds, all the different kinds of interviews, special japanese versions of records ( I actually imported a lot of them, sorry!), to me Japan was the place to be as an aspiring musician. I couldn’t have dreamt to be where I am now, having released already two records in your country. We were touring the UK when I heard the terrible news, and we practically visited every starbucks, or any bar for that matter, that had a TV on. It’s insane. It might sound a bit harsh, but the numbers of people that lost homes, friends, family, everything... It just doesn’t seem real. I sincerely wish we could do more than donate a song. But since that is what we do, I hope you can appreciate our effort. We wish you all the best doesn’t cut it. But we do, and we hope that things will get better soon. Cheers from Holland, Willem, Sjouke, Daniel & Tim.

Mr Fogg からのメッセージ
テレビで見る日本を襲った地震と津波の映像には本当にぞっとしました。被災地に住んでいる方、特に家や友人、家族を失った方のことを思うと胸が痛みます。UKにいる我々には計り知れない困難に直面されていると思いますが、日本は皆様の心と勇気によって必ずや復興されることと確信しています。甚大なる挑戦や信じがたいほどの努力に対して、曲を録音することなど微々たる貢献かもしれません。しかし、たくさんの人々がこのコンピレーションを求め、日本の復興の一助となることを願ってやみません。
The television pictures of the earthquake and tsunami that hit Japan were some of the most horrifying and frightening things I have ever seen. I can barely begin to imagine what it was like and still is like for the people that actually live in the affected areas, especially those who have lost homes, friends and relatives. The task facing Japan to rebuild seems overwhelming to us here in the UK, and yet thanks to the spirit and courageousness of the Japanese people we are already watching proof that it can be done. Against the enormity of the challenge and the incredible efforts of others, recording a song seems a paltry contribution, but I hope that enough people buy this compilation for the money it raises to make a real difference.

Tobias Wilner (Ghost Society/Blue Foundation) からのメッセージ
私はBichi and Blue Foundationとして日本で何度もライブをしました。Tenniscoat, Cacoy, Numb, Sokai, Cokiyo, D.O.I., DJ Baku, DJ Klock, Secai, Calm, Saidrum, DJ Krushなど、たくさんのアーティストと一緒にステージに立ちました。彼らは皆私のとても大切な友人です。彼らは私の家族を知っているし、家に泊まったこともあります。彼らの結婚式にも参加したんですよ。一緒にアートを作ってきた仲間なんです。今ニューヨークに住んでいますが、東京は私の第二の故郷だと思い、愛してやみません。だからこそ、日本を襲った大地震は私にとって強烈な衝撃でした。“状況はどれほど深刻なのだろう?”、“友人達は無事だろうか?”と心配に思い、日々ニュースを読んでいます。"Broken Life"は東京に住む友人に向けて書きました。久しぶりのリリースで、新しいBlue Foundationの最初の曲となります。Choir of young BelieversのCecilie Trierと、Chimes and Bellsとともにこのコンピレーションに携われてとても嬉しく思っています。彼女は美しいチェロを奏でてくれました。どうか皆さんが気に入ってくれますように。いつも日本の皆さんのことを思っています。
I have played a lot of concerts in Japan as Bichi and Blue Foundation. I have shared the stage with Tenniscoat, Cacoy, Numb, Sokai, Cokiyo, D.O.I., DJ Baku, DJ Klock, Secai, Calm, Saidrum, DJ Krush… etc. Most of these artist are my very close friends. They know my family. They have lived in my home. I've been to their weddings. We have created art together. I live in New York these day, but I see Tokyo as my second home. I love that city. The earthquake in Japan had a big emotional impact on me. I've been reading the news ever since with questions like - How bad is the situation? Is my friend ok? I wrote the song "Broken Life" to my friends in Tokyo. It's the first new Blue Foundation song to be released in a long time. I'm very excited about my cooperation with Cecilie Trier from Choir of young Believers and Chimes and Bells. She plays the beautiful evil cello on the song. I really hope you'll like it. Tokyo you're always on my mind. Tobias Wilner



 



Copyright (c) 2011 THISTIME Inc. All rights reserved